ロゴ ロゴ
ロゴ ロゴ
1

理工展とは

早稲田祭だけが,早稲田じゃない!
毎年11月初旬に早稲田大学西早稲田キャンパスで開催されていた早稲田理工の学園祭。
それが「理工展」。
早稲田祭だけが,早稲田じゃない!
毎年11月初旬に早稲田大学西早稲田キャンパスで開催されていた早稲田理工の学園祭。
それが「理工展」。

オンライン開催を決定

しかし、今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、実地での開催は断念することとなりました。そこで大学側とも交渉を重ね、当初予定していた11月7日(土)・8日(日)に、Webサイトとバーチャル理工展アプリを会場とした「オンライン開催」として、第67回理工展を開催する運びとなりました。

科学に触れる学園祭

今年も例年と同様、研究発表や講演会から来場者参加型の実験体験企画まで幅広い企画を用意しています。科学が持ついろいろな側面を皆様に見て、感じて、楽しんでいただけることを目指しています。そしてもちろん理工展が学園祭であることを忘れてはいけません!ステージパフォーマンスなどを通じて早稲田の活気、パワーを表現するということも、理工展の大切な使命の一つです。

WEB & APP

今年は記事や事前に収録された動画、そしてライブ配信やZoomによって、どこにいても実地開催の理工展の雰囲気を体験していただけます!また、バーチャル理工展アプリで、西早稲田キャンパスの中を歩きながら企画を楽しんでいただけます。

Magic Hour

アカデミックな雰囲気と早稲田生の情熱とが交錯する、たった2日きりの特別な場所。皆さんとは画面を通してしか触れ合うことはできませんが、一人でも多くの皆さまに、第67回理工展で「Magic Hour」を楽しんでいただけますことを願っています。

2

テーマ

魔法で包まれた世界
魔法で包まれた世界

このテーマには2つの意味が込められています。

理工キャンパスを魔法の世界観に染めることでご来場された方に「魔法の時間」を過ごしていただきたいという思いと、夕暮れの空色がほんの数十分間変化する、世界が最も美しく見える時間であるMagic Hourを1年間のたった2日だけの特別な時間として体感していただきたいという思いです。

ぜひ魔法に包まれた世界を体感しに来てください。

3

代表挨拶

代表 船坂 駿太郎

こんにちは。理工展連絡会代表の船坂です。例年、理工展では2万人もの来場者の皆様がキャンパスを盛り上げ、学園祭の熱気を作って下さいました。残念ながら今年は直接キャンパスに来場し理工展を楽しんで頂く事が叶いません。しかしそんな状態の中だからこそ、0から創り上げた新しい理工展が皆様に届けられる何かがあるはずだと思いオンライン理工展という場を設けさせて頂きました。

どんな状況であろうと変わらない、理工学が主役の情熱とアカデミックさを届けられるよう、スタッフ一同尽力して参ります。そしてそれ以上に、皆様と共にキャンパスで理工展を楽しめる時間がもっと待ち遠しくなるようなオンラインの学園祭となる事を心から願っております。 最後になりますが、新たな理工展を開催するにあたり、多くの方々にご理解やご協力を頂きました。謹んで御礼申し上げます。

理工展連絡会 第67回代表
船坂 駿太郎